脂質異常症というのをご存知だろうか。
脂質異常症というのは、血液の中に含まれるコレステロールや中性脂肪等の脂質が通常よりも多い状態のことを言うのだ。
今は脂質異常症というのだが、昔は高脂血症と呼ばれていたんだ。
この症状は現代人にかなり多いことで知られている。
なぜ多くなっているのかというと、食べ過ぎや運動不足、ストレス、喫煙、アルコールの飲みすぎなど、現代人に良く起こりがちな問題からくる症状だからだ。
まさに現代病と言っていい問題なのだ。

オススメもぜひ、どうぞ→脂質異常症の治療ガイドライン

ちなみに、ドロドロの血液と表現されることもある。
そんな脂質異常症は、放置しておくと非常に危険である。
脂質が血管内で詰まってしまって心筋梗塞になったり動脈硬化などの恐ろしい病気を引き起こしてしまう可能性もある。
だから脂質異常症になったらまずは病院へ行くべきだ。
では、どんな脂質異常症になったらどんな症状がみられるのかだが、残念ながら自覚症状がほとんど見られない。
健康診断で血液検査をしている人も多いだろうが、多少悪いぐらいなら体調自体は悪くないなら放置している人が多いのが現状だ。
つまりはあまり自覚することができない病気なのである。
血液検査でコレステロールが多かったり、肥満気味だと思ったら早めに病院で検査してもらうのがベターである。

関連記事


    アンチエイジングが目標とするものを「若返り」だと思うのなら、人が年老いていくわけやそのメカニズムなど、いろいろなことを順番に知ることが大切だと言えます。 むくみ解消を目論む場合、エクササイズをしたり食…


    定期コースを解約する時は、電話またはメールでご連絡下さい。 そうすれば定期コースの解約は完了です。 面倒でややこしい事は無いので、すんなりと済んでしまいますよ。 電話が確実なのですが、日中忙しい方はメ…